秘密兵器を導入しました

 

コロナの感染者も増えて来て大阪は今大変なことになっていますが、先日教室に秘密兵器を導入しました。

二酸化炭素濃度計という商品で、教室内の二酸化炭素濃度を計測できます。

 

人は酸素を吸って二酸化炭素を吐き出しますが、空気が淀んでくると二酸化炭素がだんだん濃くなってきます。

その濃度を計測すると、空気の入れ替えタイミングが分かるという訳です。

 

概ね、1000ppm程度が換気の目安だそうで、それ以下になるように入り口の扉を開いて調整します。

今までは感覚でやっていましたが、しっかりと数値で確認できるので安心ですね。